勉強・ドリル

小3ハイレベが解けなくて放棄する 小2の家勉強

投稿日:

小2後期の中娘

 

以前の記事でも書いた

ハイレベ小3
小2の家ドリル 小3のハイレベは難しいけど勉強になる気がする

  以前紹介した公文のドリルは簡単で、ページの上の例題文を読めば、 小2でも1人で出来たのですが、   今回ご紹介するドリルは、 これに比べるとはるかに難しい。   > ...

続きを見る

ですが、やっぱり難しい(-_-;)

スポンサーリンク

計算問題系は楽々進んでいけるのですが、
やっぱり問題は・・・・

 

国語より読み取りが難しい算数

 

小3ハイレベは小2には難しい?

 

前回の記事の時に比べれば、だいぶ進んだのですが、
最レベの問題があるページなんかでは、
見開き1ページに40分~60分かかる時もあったり(-_-;)

 

小3ハイレベ算数小3ハイレベ算数

スポンサーリンク

昨日もたまたま最レベがあるページだったのですが、
初めは文を読んで理解するために、
それを絵や図で書いているのですが・・・

途中で手が止まり・・・

小3ハイレベ算数小3ハイレベ算数小3ハイレベ算数

スポンサーリンク

中々進まない(-_-;)

小3ハイレベ算数

結局

中娘
ママ~
筆箱は分かりそうだけど、
鉛筆と筆箱じゃわからない・・

と、意味の分からない感じ。

多分全くわかってないんだろうな・・・
と思いつつ見てみると、確かにわからない。

 

分かりそうで分からない問題

問題的にはすごくいいと思うのですが、
やっぱり、考えれば考えるほど・・・

難しい国語じゃん という気分

 

問題が解けない小2と私

 

ダメママ
どれどれ~
1つずつ考えて、絵にしてみればいいじゃん

と見てみたのですが、

ちょっと見てみてほしい


※もし、会社さんからクレームがあったら消します

小3ハイレベ算数

これ、難しすぎΣ(゚д゚lll)

スポンサーリンク

ダメママ
だから、これはね
う~ん・・・
・・・・・・
中娘
ね、わからないでしょ?
ダメママ
じゃぁさ、
連立つかったら?
連立ならどうなる?
中娘
あー
鉛筆xで、筆箱y?
ダメママ
そうそう
中娘
それなら、
5x+80円=y
でしょ、
x+y=560
じゃない?

と、連立なら簡単に式を作れるのですが、
小3問題なので連立をNGにすると・・
分からない(-_-;)

 

やっぱり算数というより、
かなり難しい国語

 

算数の連立を使えば簡単なのに、
連立を使わずに解くとなると、かなり難しい。

 

 

ハイレベ小3が分からないときは絵にする

 

ってことで、
娘と一緒に絵をかいてみたのですが、

小3ハイレベ算数

結局、連立方程式を、絵で描いただけみたいな感じに(-_-;)

①鉛筆5本 + 80円  = 財布1個
②鉛筆1本 + 財布1個 = 560円

ここまで絵でかくのは簡単なのですが、ここから、

どちらかを同じにしないとわからないので、
今回は鉛筆を4本にそろえる事に

②→③鉛筆5本 + 財布5個 = 2800円

で、ここで気づいたのが、
①と③は鉛筆5本は同じ。
財布は5個・・・。

と、ここでうなってたので、
これが全部財布だったらね・・・

と言ったら、ようやく

中娘
80円足したら、
鉛筆5本が財布1個になるから、
財布6個になる!!

と気づいてくれて◎
ですが、

中娘
あっ・・
でも、80円をどうやってたす???
ダメママ
連立っぽくさ
こっちに80円足したら、相手にも・・・?
中娘
そうか、
財布1個にしたとき80円足してるから、
こっちにも80円たせばいっしょか

と、ほぼ、答えを誘導しちゃう形でしたが、
何とか自分でやった感を保ちつつ◎

ポイント

これ、私が答えを見て、
逆算したので分かったのですが、
答えがなかったら我が家では迷宮入り。

 

 

年齢が上がれば分かるようになるのか?

 

ちなみに、上娘(中3)がいるのですが、
問題をしてて、途中で 『分からないから』 ・・と
半ギレで放棄しちゃうというね(-_-;)

そう考えると、年齢的なものでなく、
色々な問題を経験するのが大事なんだな・・ と。

 

このページは(難しい)いい問題文が多かったので、
とりあえずノートに絵と答えを書いてく方法で、
次の時に本番という方向で、再チャレンジ!

小3ハイレベ算数

スポンサーリンク

ポイント

この見開きページは、
10問程度あったのですが、
6問は1人でできて、
2問は少しのヒントでなんとか、
残り2問は誘導した感じ。

 

問題は、次にやったときに、
1人でしっかりできる力になってるか?

 

今までは

”””1人で考えてできるようになってほしい(^^)v”””

という考えだったのですが、
あまりにも難しい問題は、一緒にやってみて、
ヒントを出しつつ気づかせていき・・・

次やったときに1人で考えてできればいい

という方向に切り替えてまして。

 

理由はいろいろあるのですが、
楽しくドリルをできる環境を作るのと、
ドンドン先に進めれるように、
色々経験させてあげた方がいいと思ったからです。

わざわざ私が躓くポイントを作らなくても、
今から長い間生きていく上では、
難しい問題でも、
自分1人で考えてやらないといけないときが来るのでね。

 

たかが小3のハイレベ算数ドリルですが

 

小2の娘がやっているのを見ていたり、
一緒に考えてやっていると・・・

つくづく、難しい国語だな・・と ((´∀`))

 

そして、習い事などでもそうですが、
出来るようになるまで
練習すれば出来る類のものが多かったのですが、

こういった考えないと出来ないものに関しては・・
いろいろな問題を経験していく事が大切だな と。

 

実際、前回分からなくて教えた問題は、
必ず計算式や答えを消しておくのですが、
次の時か、次々回の時には、
考えてできるようになっているので。

 

ただ・・・・

やっぱり、

自分1人で考えて、考えて・・・
考え抜いて答えを出してほしい気持ちは大きい

ですが、
それをできるようになる前に、
色々な問題とか、考え方を経験させてあげる!
という考えも大事じゃないかな? と。

-勉強・ドリル

Copyright© 3歳発達遅れ5歳でIQ165 子供の頭を良くしてあげたい , 2019 All Rights Reserved.