遊び

小1から小2の後期の遊び 知育に良い遊びをさせたい

更新日:

プロフィールでも書いている通り、ダメ親な私。

小2の後期まで記録してきたデータを
ワードプレス移動時に全てなくしまして。

小2の後期からの記録となります。

小学校に入るまでの遊び方は

 

小1から小2の後期の遊び

 

砂場遊び

遊びの中で一番多くしたのが砂場遊び。

形を作るのは難しいので、山を作ってはトンネルを掘ったり、
木や葉っぱを集めてきて小屋を作ったりしました。

ポイント

公園で走り回るのもいいですが、
何かを作る楽しさを教えるのに砂場は最適でした。

穴を掘ったり、街を作ったりすることで、
子供は勝手に想像力を掻き立てて遊ぶので

 

川遊び&バーベキュー

出来るだけ自然に触れさせるようにもしました。

河原へ行ってたき火をしたり、
生きた魚を買ってきて、自分たちで捌いて食べたり。
※本当は釣りたかったのですが、難しくて釣れなかった

火を消す時の ジュー という音とか 水蒸気 を見てみたりと、
子供が楽しめる事が沢山あるので。
※ただ、クマが出そうで怖かったですが

ポイント

自然は何もしなくても遊び場になるし
何かを教えるにも最適な場所になる。

あと、たき火は脳にいいらしいです。

 

釣り

旦が好きな事もあって、釣り堀にもよく行ってました。

『今、魚つついとるな~』とか
『浮きを揺らさずに餌だけ食べてったね』とか、
いろいろ想像しつつ、自然と勝負をするかのように楽しんでました。

ポイント

自然の池ではなかなか釣れなくて飽きちゃう子でも
釣り堀とかだと楽しく遊べる。

釣り堀にもレベルがあるようなので、
丁度楽しめる釣り堀に一緒にいろいろ行ってみるのも楽しい。

 

将棋

ボードゲーム全般で、オセロ、将棋、ブロック等もそうですが、
先の読み合いをしつつ楽しく遊べてよかったです。

将棋なんかは今でもやりますが、
ここに置いたら相手はこうするかな? とか
ワザと言ってあげると、
子供でも同じようにしようとして、
楽しく遊びながら、心理的な勝負もできます。

ポイント

心理戦を覚えると、
また違った遊びにも発展する。

負けると泣く(笑

 

知育にいい遊びをさせたい

 

遊びは無限

遊びにはいろいろありますが、
どうせなら、ただただハシャグだけの遊びよりも、
何か身になる遊びをさせてあげたいですね。

上記で紹介した遊びをしてみてわかったのは、

 

  • 釣りは見えない魚をイメージして釣る遊び
  • 将棋は少し先をみて、相手の動きをみてとる遊び
  • 砂場遊びは、自分の想像を形にして作る遊び
  • 川遊びは自然の中で自分を見つける遊び

 

それらをイメージしながら、
口に出しながら遊んであげると、
子供自身もスグに真似してきますので、
色んな意味で + になってくと思います。

 

逆に、何も教えず何も言わなかったら

何も考えずに、ただただ遊ぶのも楽しくいいのですが、
折角なら、同じ楽しさの上に、
知らない間に勉強、役に立つ能力がついてたらいいなぁ~
と思っていろいろやってみました

 

 

遊びの中で気を付けた事

 

特に気を付けた事は

ほかりっぱなしにしないで、
遊び初めは、夢中になれるのを一緒に探してあげる事です。

 

ポイント

子供は他っておけば勝手に遊んでますが、
ただただボーっとしてたり、
遊具で遊んでいるだけではもったいないので、
例えば砂場なんかだと、一緒に行って、
先に親が何をするかを言ってあげてから作り出すと、
子供も何を作るか言い出して作り出します。

何か目的を持つことで考えるようになるので、
ただ遊んでいるのと、
目的をもって遊んでいるのの差になってきます。

 

いろいろ工夫して、遊びとして楽しみながら
ただただはしゃいでいるだけの遊びと、
気付きがある遊びを区別して遊ばせる為に、
ほかりっぱなしにする事は少なかったです。
※それが意味があるかどうかは分かりませんが

 

注意ポイント

勉強じゃないけど、自然と勉強になる様に
一緒に遊びながら工夫すると
子供の遊び方がかわってきました。

 

-遊び

Copyright© 3歳発達遅れ5歳でIQ165 子供の頭を良くしてあげたい , 2018 All Rights Reserved.